万物よろず、いろんな事を見聞きして、よく考えて、本当のところは何かを見つけ出し、        


やってみて、違っていたら修正して、より真実に基づいた生活をする。

経験と情報
ご意見・ご感想 ご返事 戻る

7 腰痛を歩いて治した

   病院で手術を勧められた椎間板ヘルニア。本屋での立ち読みも1分もするとしゃがみこまなければ
   ならない程の病状。
   実施事項は
     @1日30分の歩行
     A整形外科で腰の牽引
     Bいすに座るときは背筋を伸ばす
     C乗用車のシートをできるだけ立てる
   痛み止めの薬は勧められたが、飲まなかった。
   結果は、1年間かかったが全く痛みもなくなって普通の状態に戻った。

6 ガソリンの節約運転法
     
   ブレーキを踏めば、それだけガソリンを無駄づかいすることになる。
   よって踏む回数を少なくする運転テクニックを実行している。
 
     ・ 前の車との車間距離を絶妙な間隔にする。前の車が頻繁にブレーキを踏んでも
       こちらはアクセルを離すだけで済む距離を保つようにしている。
     ・  数台前の車のブレーキランプの状況も見て全体の流れを見ている。
     ・  信号機の状況を見ている。直前の信号が赤の場合できるだけアクセルを踏まないで
       車を進める。ブレーキを踏まなくても良いタイミングで青信号に変われば最良。
     ・  全体としては数個所前の信号を見ながらいつ変わるかを推定しながらスピードを調節する。
 
   この運転方法をとっていると眠くならないのも大きな利点となっている。

5 ホンダのスーパーカブのデザイン

   非常に優れたデザインで発売以来変わっていない、定番になっている。
   このデザインとよく似たヨーロッパ製のオートバイの写真を見た事があるけれどその製品の
   顛末はわからない。

4 ボルトのトラブルの責任問題
     
   市場で締結の問題が発生した場合だれの責任で発生したのかもめる。
   市場での使用条件の問題か、メンテナンスか、部品の品質か、生産工程か、設計に原因があるのか。
   設計で設計計算して締付指示まで図面化し、工場では、図面の指示どうりに生産しているか
   部品の納入業者は正しい部品を生産納入しているか。
   各部署は、問題発生時に説明できるように日ごろ準備している。

3 やはり塩分を取りすぎると血圧が上がる

   塩分摂取量と血圧は関係ない。という説が報道された。
   朗報と思い好きなように塩分削減をやめたところ血圧が上昇した。
   慌てて元に戻して塩分削減したら下がった。

2 乗用車はモデルチェンジ後のものが良い

   設計改良が済んでいる。 デザインがより良くなっている。洗練されていて長年乗っても飽きない。

1 新装置を採用する時、破棄する時の費用も考える

   自然エネルギーは希薄で、採算性が大変厳しい。屋根に設置した太陽熱温水器とか、太陽電池パネル等、
   表面の汚れによる性能の低下、また汚れ除去費用、装置破棄時の費用等忘れず考慮したほうが良い。